GNCC R-13最終戦 Ironman 小池田レポート

2014 10.24 GNCC R-13(最終戦) Ironman

結果
XC1 7位
総合 7位
c0198263_1472787.jpg


シリーズランキング XC1 9位
c0198263_1474584.jpg





朝晩の冷え込みが厳しい季節となってきましたが前日当日とも晴天に恵まれ、
お昼頃には気温も上がりレース日和となりました。
c0198263_1493990.png



Ironman (アイアンマン)のコースはアイアンマンヒルをはじめ、ツインヒル、FMFヒルなどの大坂があり
c0198263_14101841.jpg


また何度も川を渡る場所もあり、
c0198263_14253153.jpg

マッドホール、AMAナショナルモトクロスで使用されるMXトラック、
全開走行のコーン畑など、いろいろな顔を持ち
ウッズの中では落ち葉が木の根や倒木を隠していました。


また今回は前レースに引き続きオーストラリアのチャンピオン、#466 DANIEL MILNER選手が出場
他にもアイスランドのチャンピオン#114 KARI JONSSON
c0198263_1426393.jpg


イタリヤで昨年の世界チャンピオン #111 ALEX SALVINIもXC1クラスからの出場と
強豪揃いのレースになりました。




スタート、エンジンはかかりましたが集団に飲み込まれ10番手あたり。
c0198263_1428939.jpg


c0198263_14282677.jpg


1周目は川やマッドホール等難所が多いこのコースを慎重に
そして集団と離れないようにラインを見て走りました。
c0198263_14414039.jpg


川の所では#111アレックス選手がクラッシュ。1周を回る頃には8番手。

トップ3人はみえなくなっていましたが、第2集団の中
3周目で給油し、#7ジョーダン選手の真後ろにつき抜かすタイミングを狙っていました。

c0198263_14313175.jpg


#112ムリンズ選手が後退して行き、その他選手もトラブル等、アイアンマンのコースに苦しめられていました。



ラストラップになり、ウッズの中でジョーダン選手が蔦が垂れ下がってるラインを行った時に、
別のラインから一気に抜かし5位へ。
c0198263_1432015.jpg


そのまま数マイルペースを上げ、モトクロストラックでさらに差を広げました。
しかし、川沿いを抜け、隣のラインと合流する所で周回遅れの選手とぶつかりました。

お互いに転びませんでしたが、ブレーキペダルが曲がり、さらに折れてしまいました。

ゴールまではまだ半周。その間にウッズの中の崖を下り、コーン畑を抜けるので、
フロントブレーキのみの操作では争える走りができずにペースダウンを余儀なくされ、
それでもゴールを目指しました。

ラスト半周で、ジョーダン選手、#514ベイラー選手に抜かれ、結果7位でゴール。


今回のレース、5位になれる手応えを感じていたので、ブレーキベダルが折れてしまったのは残念でなりません。
しかし、ケガなくシーズンを終え、総合7位で終える事ができました。

1年間、サポートしてくださったスポンサーの皆様、
応援してくださった友人やファンの方々本当にありがとうございました。


小池田猛






*********************************

2014シーズン終了し
シリーズ9位と一桁に上がりました


今期、小池田は GNCCと並行して
MIDEAST Hare Scranbleシリーズ というシリーズ戦にも出場し
こちらのシリーズではシリーズチャンピオンを獲得!!
c0198263_14533564.jpg

シャンパンが凄すぎて顔が見えない・・・(=_=)

MIDEAST Hare Scranble の解説や小池田の様子は
11/14発売の FRM Vol.55 に詳しく書きました
オリジナル2015カレンダー付きで、今回も内容満載
とってもお得ですよ〜〜
書店に無ければアマゾンでも買えるからよろしくね!



by satomi-raku | 2014-11-10 14:57 | 小池田猛 | Comments(0)