GNCC R8 ohn Penton , OH 小池田レポート

6月8日Round 8 - John Penton - Millfield, OH
XC1proクラス 9位
総合      12位
c0198263_14575016.jpg





オハイオ州で行なわれた今回のJohn Pentonはとても壮大なコースでした。
モトクロスコース、草原、林道、ウッズ、沢の中を走り、
テクニカルセクション、ワイドオープンセクションいろいろな表情を持っています。

レース当日は気温があがりスタート直前、突然の激しい雨。
1周、12.5マイル(約20km)といつもより長く30分以上で周回し、5周のレースとなりました。


c0198263_15574043.jpg


スタートの時は晴れたものの、コースはツルツル
c0198263_15465459.jpg
c0198263_1547476.jpg


スタート、エンジンがかからず最後尾になってしまいましたが
前を行くライダーも滑る路面に悪戦苦闘しているのが見えました。




沢では岩の上を走るので慎重に無理せず、またオープンエリアでも路面が滑るので
転ばない様に意識して走っていると上位の選手に追いつき、そして次々に他の選手が転倒し、
6位まで順位をあげました。
c0198263_15494234.jpg


2周目も無理せず、#4ジョシュストラングの後を走行
ジョシュは攻めていたので何度も転び、順位を落としては追い抜かす、の繰り返しでした。

自分はまだその時点で転んでいなかったので、落ち着いて走り続ける事ができたのですが
テクニカルなセクションを抜け、山を上がろうと思った時に岩ではじき飛ばされ転倒。

全く予想してない思いがけない所で自分だけ前に飛んで行って、首をひねってしまいました。
バイクの所に急いで戻ると泥に隠れて岩が段差になっていたのでした。
クッソーと思いながらも再スタートしましたが、その間に何台もパスされ、
ゴーグルも使えなくなりペースが上げられず、さらに2人ぐらいに抜かれました。
その周にピットインしゴーグルを交換しました。
c0198263_15503599.jpg


そのまま、再スタートしようとした時にJCRのジョニー監督がとっさの判断で給油。

3周目になるとまた大粒の雨が降って来て、さらにコースは滑りやすい状況に

前のライダーから離れてしまいペースメーカーがいないので
滑る路面と、ウッズの中で少し焦りがでてきました。

4周目、5周目になると、いよいよ路面がひどくなってきたので
これ以上転ばない様に慎重に走る事にしました
c0198263_15554628.jpg


ラスト1周、総合ランキング争いをしているXC2クラスの#18トレバーと争い、
パスする事ができ、差を広げました。

しかしXC2クラスの#212リッキーラッセルがペースを上げて来て1分以内の差だったので
結果12位に順位を落としてしまったのです。
c0198263_15572229.jpg



今回はレース直前に本番車250ccが故障し、パーツが間に合わなかった為、450ccで出走しました。
思っていた以上に、450ccのバイクが乗れる事が出来、
滑る路面でも上手く450のパワー使えれば走りやすいんだと感じました。

しかし、2周目の転倒が結果を左右しました。
決してハイスピードではなかったので転倒さえなければと、
悔しさでいっぱいです。

そして、通常ならレース中盤で給油しているのですが、ジョニー監督が機転を利かせ
レースの前半ゴーグルを交換している間に給油してくれたのでとても助かりました。
もし、もう一度改めて給油に入っていたら#18トレバー選手に抜かれていたと思います。

次のR-9スノーシューはサマーブレイク前最後のレースになります。
それまでに250ccを直し、バイク、体力、気力とも充分に備えていきたいと思います。


小池田猛

c0198263_16224232.jpg




さて、次戦はいよいよマナブさんも参戦するスノーシューです
7/21 体調万全で挑んで頂きたい!

と言うわけで
先日BAJA500のサポートでアメリカ行った園生さんが
ユンケル20本うんしょうんしょと持って行ってくれました!!


小池田綾子さんより

昨日、ユンケル届きました。20本も!!
こんなにもらえるなんて、すごく嬉しいです。
毎レース飲んでも1年分あるってお父さんも喜んでます!
ありがとうございます!!

との事です。
ソノちゃん GJ!!
by satomi-raku | 2014-06-13 16:27 | 小池田猛 | Comments(0)