小池田猛アメリカの24時間耐久レースでチーム優勝!

PERRY MOUNTAIN 24 HOUR CHALLENGE
c0198263_142042100.gif

MAPLESVILLE, ALABAMA May 25&26 2013
チーム優勝

小池田猛レースレポ




アラバマ24Hというのは、年に1回開催され今回で12回目となる耐久レースです。
カリフォルニア24Hとアラバマ24Hレース、共に年々ポピュラーになってきています。
一台のバイクで1~6人までチームを組ことが出来て
24時間競争するというオフロードの耐久レースです。
(日本でいうお祭り的な夏の8耐みたいなモンかな?)
c0198263_14241368.png
(アラバマってこの辺)

チームはアクションカワサキ(Action Kawasaki TF R)の一員として出場しました。
今年のスポンサー「LITZracing」は「HONDA」で「KAWASAKI」は違うバイクメーカーです。
どうしちゃったの?と思われそうですが
Action Kawasakiのオーナーと今のプライベートチーム LITZracingオーナーが友達同志で
ライダーを貸してくれと言う話を頂き、私自身戸惑いもありましたが
「本人が出たいなら出て良い」との事と
"あまり考えすぎると、何にもできない。ここはアメリカ!" という思いでトライしてみました。

アクションカワサキチームは去年も優勝していて
ゼッケンプレートには#1が貼っていました。

もちろんプレッシャーも感じますが、今年も優勝を狙う! というチーム体制で
そのメンバーに声をかけてもらえた事、期待してくれてることが嬉しくワクワクしていました。

そして、カワサキのバイクどんな感じのバイクなのか? 夜の走行は?
いろいろな事が初めてで楽しみでした。(実は恐くてドキドキでした)

チームは6人構成
1 Josh Strang (オーストラリア人、GNCCチャンピオン数回)
2 Scott Gawler,Jr (フロリダ出身) 
3 Takeshi Koikeda 自分
4 Jacob Argubright (LAからこのレースの為に呼ばれエンデューロクロス等で活動)
5 Ron Commo III  (フロリダ出身)
6 Garrett Edmisten (昨年GNCCシリーズ参戦。サンドのスペシャリスト)
c0198263_14321593.jpg



5月25日(土曜日)AM10:00 レーススタート


ジョシュストラングが順調な走りをみせトップで帰ってきました。
コースは1周10マイル、ハイスピードセクション・タイトウッズ少し・サンドセクション
・小川渡り・ガレ少し・モトクロスコース三連ジャンプもそこそこ大きいのもあります。

昼になると気温も30度ぐらいに上がり、埃がひどく視界はひどく悪い状態です。
ライダーは10マイル(23分程)を3周ずつで交代していきます。

参加台数150台程だったのでさほど周回遅れのライダーは気になりません。
2番目のスコットも順調な走りで後続との差を広げて行きます。

自分の番になりました。
足を引っ張ってはいけないというプレッシャーもありましたが、
埃の中を全開で攻めていきました。
数回曲がるところを通り越してしまいUターン。(危ない危ない)
バイクを壊すことなく、後続を更に引き離し次のライダーへと無事バトンタッチ。
c0198263_14371559.jpg



次に走るのはPM8:00頃。初めての夜の走行です。


チームは順調に走っていましたが、後ろとの差は10分程で気を抜けない状況が続きました。
交代して1周目はまだかろうじて日があったのですが、2周目からは真っ暗になり
バイクのヘッドライト、ヘルメットライトを頼りに走ります。

ウッズの中は想像より明るく視界も良く攻めて走れます。
しかしオープンエリアのハイスピードになるとギャップも見えずらく
そして登りきった先(ジャンプした先等)が真っ暗になるためペースが落ちてしまいます。
サンドフープスもどのぐらい深いかわからず、攻めあがいていました。

昼間の時よりも1分程タイムは落ちましたが、チームの平均タイムぐらいで回れました。
2回目の走行が終わり、少し仮眠(2時間程)を取り3回目の番が来ました。

AM4:00
気温も12度ぐらいに下がり、あたりは静まり返り孤独なタイムアタックが始まりました。
周回遅れにもあまり会わなくなり、動物にも遭遇するんじゃないかとドキドキしながらも、
全開で攻めて行きます。
夜露でゴーグルが見えずらくなりましたが問題なく次へマシンを渡せました。

計算では走る順番が来ないはずなのですが、ライダーの怪我等
いつどんなハプニングが起きるかもしれないので
最後まですぐに走れるようにスタンバイしていました。

5月26日(日曜日)AM10:00過ぎ
 トップでゴール。
トータル24時間少し。58周(ストラング13周、他ライダー9周ずつ) 。

タイヤ交換フロント1本、リヤ4本。ガソリンタンクが漏れて交換。
リヤブレーキマスター類交換。
ヘッドライトのマウントがガタガタになって修理
少々のトラブルはありましたが、2位との差は1周半程つけて優勝。

チームレースでバイクを壊さないように走り、
そして後続とも離さなくてはならないと言うプレッシャーのもと、
気を使い疲れましたし寝不足でした。
しかし、今までにないレースで新鮮さがあり楽しく走れました。

貴重な経験ができて、誘ってくれたアクションカワサキのオーナー、
参加を了解してくれたLITZracingのスティーブに感謝してます。


小池田猛
(#1小池田猛)
c0198263_1451663.jpg
(レース終了後の集合写真)



※こっそりおまけ※
 楽さん
 アラバマ24出てきました。カワサキで!
 契約上問題は無いのですが、機嫌を損ねる人達がたくさんいると思うのですが、
 そんな事考えてると何もできないのでトライしてきました。
 今までの考え方だと、違うバイクで参戦なんてありえないと思っていたのですが、
 プライベートだから何も問題ないと言われ、嬉しいような悲しいような・・・。



いろいろ自分を堅く締め付けないで
チャンスがあれば何でもガツガツ行っちゃっていいんじゃないかと思うのです。
自分の持つスポンサーやしがらみもあるでしょうけど
折角アメリカいるんだから固いアタマ、柔らかくしないと。
…すこしは柔らかくなってきたようです

> プライベートだから何も問題ないと言われ、嬉しいような悲しいような・・・。
ココが本人の一番悲しいトコロなんだろな〜〜〜
by satomi-raku | 2013-05-29 15:15 | 小池田猛 | Comments(0)