ブログトップ | ログイン

ラパスでTECATE

東日本ED選手権R1山梨大会 その1

東日本エンデューロ選手権 第1戦 山梨大会
無事終了しました。
c0198263_17072478.jpeg

エントラントの皆さんのレベル、モラルに感謝
なにより、神マーシャルの皆さんに感動・感謝で涙がでます。

改めて参加者の皆様、スタッフの皆様
コースの使用許可を出してくれたXPKのオーナーさま
本当にありがとうございました。









全てが思い通りという訳ではなかったけれど
3年越しでやっとみんなに走ってもらえたコース。

c0198263_17090474.jpeg
ルートは小難しく長く、体力使って疲れちゃう
ルート後のテストは誰でも回れるけどタイム縮めるのは難しい。
クロスカントリーレースでは絶対に使えない。
ルートというエンデューロならではの特色あるコースを。
c0198263_17141599.jpeg

そんなコースが出来たと思ってます。
このコース作ったのはコノヒトです。ひとりで作っちゃいました。

c0198263_17092776.jpeg



諦めずに走ってくれたライダーひとりひとりが主役なんだけど
諦めさせないぞ!俺たちが走らせてやるぜっ!
っていうマーシャル達の熱い気持ちがじんじん伝わってました

今回のマーシャルはまさに神。
最高のチームワーク
最高の判断力
あんたたち最高!!!

c0198263_17094714.jpeg

c0198263_17160561.jpeg

多少の雨は覚悟してました

前日のマーシャルミーティングで持ち場と無線の確認
ひとりずつ担当場所確認しながらいぐべとーちゃんが
ペーパーナプキンにメモっていきます
c0198263_17095864.jpg

車検係 田中・市川・栗田・山田・・・・・

山田?

「山田ってダレ?
アタシの知らない人で頼みもしないマーシャルがまだ来るの???」

「あんれ、おれ自分の名前もわかんなぐなっちゃっただ!」

なんだかヤケに張り切りすぎてるのか
(-_-;) 心配だ

コイツらなら何があってもダイジョウブ!!!
そう信じていました。が。

「ちょっと! ビックさん鼻血出てますよっ!!!」
「何コーフンしてんですか!!」

c0198263_17175039.jpg
降りしきる雨とテンションのオカシイマーシャル

(-_-;) 心配だ・・・・・

---------------

その晩、雨は10時頃あがりました。
翌朝,晴れました。

「コースカットはしないよ」
「アタシが1周して帰って来れたらダレも文句言えないよね」
「そうだね、全員ナショナル以上の人達だもん!」


晴れたけど・・・ぐちゃぐちゃ。
朝の試走は6:00ころにしようと思っていましたが
たぶん、今出てったらあたしだと1時間かかっちゃうかも。受付や車検間に合わない。

ナショナルの基準はマーシャル山田くんの判断にゆだね
みんなに試走託し、黙々と準備します。


帰って来ました。

石井さんから
「ダメだね、無理だよ回れない。2ヒート制にした方がいい。」
「計測に今から2ヒート制に変更するように言おう」

「いやだ」

※ 2ヒート制
ルート状況が劣悪で回れないため、全てのルートをカットし
モトクロスコースのみのテスト周回して合計のタイムを競う。(昨年と同じ)

こんな話をしていたのはAM7:00くらい
明らかに晴れてきている。気温も上がる。
晴れればみるみる急速に乾いてくる(日陰のウッズエリア以外)

Aさま「スタート何時でしたっけ」
楽「1組目、9時です」
Aさま「最初の2時間だけは地獄ですね、11時過ぎれば乾いてきますよ」
石井「下りは無理でしょ。危険すぎる。やめた方がいい」
楽「今回承認はいません。ここに居るのは少なくとも全日本ナショナルです。
  周回数を10周から8周に減らして走らせて下さい。」

4時間の持ち時間10周(1周24分)設定だったのを8周にすれば1周30分
最初の2時間は1周40分かかったとしてもナショナル以上の人は
後半20分で周回してこられるはず。

楽の周回タイム(晴れ超ベスコン)でルート、テスト合わせた1周タイムが20分ちょっとくらい。
楽より遅かったら、ちょっとナショナルクラスに居るのは厳しいと思うので
そーゆーひとは残念だけどレース諦めてもらおう・・・・

オンタイムエンデューロでは難しいけど
今回は簡易オンタイムなので時間内で周回の帳尻があえばいい。

今日いる人達なら回ってこれる
問題は1本つづらの折り返し山頂ルート。

絶対に混乱は避けられないけど
掘り返したりエライこっちゃになるんだろうなぁ。。。

ブリーフィング前、ギリギリの決定でした。

そんで朝のあいさつで
石井正美大会委員長から
「俺だったら絶対に走らない」

c0198263_17095158.jpeg
いやー、、、そんなことハッキリ言わないでよ。。。



c0198263_17084542.jpg
c0198263_17152145.jpeg
やると決めた以上マーシャルとライダーを信じるしかないのです。



パルクフェルメ・イン
チェックカード係はタカ
c0198263_17103015.jpeg
パルクアウトからルートのスタートまではエンジンストップで押してもらいます
c0198263_17122783.jpeg

1組目よりスタート

c0198263_17130297.jpeg

心配してたよりみんなスタックせずにちゃんと進んでいく。よかった〜
流石ナショナル以上のライダーだね!


しかし。。。
30分経っても一組目が戻ってこない。


「マーシャル全員、つづらの上りによこしてー!!!!」
山口 改め 山田くんの絶叫が無線から聞こえてきます

いよいよ 始まったか。。。。


≪続く≫


お写真
MIOMIO のお写真
その1
その2
その3




by satomi-raku | 2017-04-25 17:25 | Comments(0)