ブログトップ | ログイン

ラパスでTECATE

神経根ブロック造影検査

昨日恐怖の「神経根ブロック造影検査」なるものを打ってきました
硬膜外ブロックかと思いきや、多分効かないでしょうってことで。
この世で一番痛い注射と言われている注射です。

通常の硬膜外ブロックや神経根注射は痛みを抑えるため
部分麻酔かけてからこれらの神経ブロック注射を打ちます。
オイラ違います麻酔なしで神経造影注射+神経根ブロック注射です。
c0198263_9532481.jpg
c0198263_9533260.jpg


こんな台に乗せられモニタリングしながらやるんですよ・・・・



硬膜外ブロックは
骨周りを覆っている硬膜の外側のスキマに打ちます
神経根ブロックは神経そのものに打ちます。
c0198263_1025979.jpg
(netterのメディカルイラストより)
c0198263_10335965.jpg

検査台に立つとベッドがぐうーんと横に倒れ寝た状態になります。
(胃バリウム検査のベッドみたいなヤツです)

「いいですか、びりびり〜っと痛いですよ。
 でも絶対に動いちゃダメです。
 ビビビ〜っときたら声あげて下さいね。」

「声出して良いんですか?」

「貴方の悲鳴が合図になります、大抵悲鳴が出ますから
 声を上げたところが炎症を起こしている神経です。
 そこに造影剤打って撮影します。
 撮影が終わったらその後神経根に直接麻酔を打ちますから
 コチラも相当痛いし長いですよ。」

直接炎症起こしてる頚椎の神経部分に直接針で
“ちょんちょん”コレですか〜?

っていう世にも恐ろしい注射です。

しつこいですが反応見るため「麻酔なし」です。。。。

「行きますよ。刺します。」

ノドを指で強くぐうーっと押される。
ごげげ〜!!窒息してしまうがなっ!
程なくぷす〜〜。いてて

「行きますよ、触りますからね!」

ぎゃぁおうえ〜

叫ぶが意味不明です。小指の先まで電撃が走る。
外の待合室にいた方は恐怖を覚えたことでしょう。
富士急ハイランドのお化け屋敷から漏れてくる悲鳴のようです。
神経根に直接針を刺し「造影剤」を注入。
「コレですね、はい。撮影、撮って!(技師に命令)
 もう1回行きますよ」
オイラは足とか腰とか看護師さんに押さえ込まれてるようです。
何が何だかよくわかりましぇん。
2.3回繰り返した気がします。

「じゃ、麻酔注入しますから」
再び重い感じの液体が喉に流し込まれ…
あっちゅうまに首から右腕がビリビリビリビリ
みるみる痛みが取れて行く! ?

車椅子に乗せられ検査室を後にし、
しびれが取れるまでしばし休憩。

取りあえず痛みは取れました。今のところ。
でも怪しいケドな。いつまで持つんじゃろか。
c0198263_10355728.jpg

Commented by at 2009-11-21 12:49 x
1日しか持たなかった…
しょぼ~ん
Commented by shiruko at 2009-11-21 14:31 x
何がなんだかとっても痛そうで涙なくして読めません・・・
ソレがしかも一日しか保たないってぇ〜〜
ゔーー。はやくなんとかなることをお祈り申し上げまする。
Commented by chocoppy at 2009-11-21 17:30 x
読んでいて
とっても怖かった

こんなに怖かったのだから
効果が続くようにと願ったけれど
1日だったのですね

本当に対症療法なんだね
辛そうだね 
Commented by @BOSS at 2009-11-21 19:17 x
楽さん・・・えらい。

俺、骨折したくるぶしの中に針を刺されて
それをグリグリ回されながら造影剤で撮影されたけれど・・・・
無言のまま、貧血起こしましたよ。

女性はやっぱり痛みに強いんだろうなぁ~。
Commented by himemaru-z at 2009-11-21 21:31
治療じゃなくて検査なんだよね?これで治るワケじゃないってわかってたんだもんね?ふぁいとー。

それにしても、チョンチョンを10数カ所はやるのかなって思ってました。思ってたよりレポが短くてほっとしました。・・・って本人は短いどころじゃないだろーけどさ。。。
Commented by スケテツ at 2009-11-21 23:42 x
数年前、鼻の奥のアデノイド(扁桃腺の仲間)の組織検査を受けたんだけど、その組織を採る方法ってのが内視鏡とかじゃなくって、先の曲がったプライヤーみたいので「ブチッ」と引きちぎるという乱暴な方法でした。

両手を屈強なナースに押さえつけられて、「我慢しないでくださいね。女性と違って男性は我慢しすぎちゃいますからね」と耳元でささやかれました。

「我慢しすぎるとどうなるの・・・」と聞くと、「大抵、失神しちゃいますね」と告げられて、ものすごくビビった記憶があります。

結局、失神こそしなかったけど、アデノイドをプライヤーで引っ張られた時は、あまりにも痛くて、鼻から頭蓋骨が出てくるんじゃないかと思いました。
今、思い返しても恐ろしい体験でした・・・
Commented by naka at 2009-11-22 00:07 x
あああ、楽さんがんばれ!
自分は痛いのとか、血とか、からきしダメなので
読んでいるだけでクラクラしてきました。
Commented by 姉さん@EC200 at 2009-11-22 01:07 x
い、痛そう、、、、というより驚愕の痛さだったかと(>_<)
少しでも良い方向に向かいますように
北の地よりお祈りしています。。
Commented by at 2009-11-23 17:07 x
皆様ありがとうございます。
翌日に“懐かしい痛み”が戻ってきたときは地獄に突き落とされた気分でした。
来週、造影写真見て今後の対策検討しまする。

あんな電撃何十回も食らったら、痛み強い人間でも失神しちゃうってば!姫丸さん!
Commented by hiro4 at 2009-11-27 18:08 x
関西の方から見させてもらってます。
どうやら頚椎のヘルニアを患われているようですね。
私も以前、頚椎のヘルニアでしたが、手術で現在完治しています。
一度、専門医に見てもらったほうが良いと思いますよ。
私は、99年に手術をして03年頃からオフロードを走ることを始めました。
術後すぐの復帰は無理かもしれませんが、復帰はできます。

Commented by at 2009-11-28 07:58 x
hiro4さん
はじめまして。コメントありがとうございます!
ヘルニアっちゅうより脊柱管狭窄症のほうが問題です。
脊椎・脊髄専門指導医の先生に診てもらっていますが
頚椎の横突起部分がもともと細い形みたいで
骨を削ったりプレート打ったりが持たないようなんですね。
そのうち傾いちゃう可能性が高いと・・・
そこで今考えられてるのが、第5第6頚椎の間の椎間板を全部抜き取りそこに自分の腰骨の一部を削って埋め込む(プレートとか使わない)
骨が出来るの待って、第5第6頚椎をひとつの骨にしてしまう
っちゅう方法が1案・・・・・
復帰できる頃には十分おばあちゃんです〜〜(泣)
by satomi-raku | 2009-11-21 10:36 | 体のこと | Comments(11)